Lab

Cocos2d-x:画像を表示

 Tag :  Published : 2013-10-9

Pocket

ファイル名を指定、もしくはファイル名を動的に生成して画像を表示させます。
> Ver3.x : 『画像を表示』はこちら

画像を表示-ファイル名を指定

画像1.pngを、画面の中央に表示させます。

cocos2d-x画像を中央に表示
    //画面サイズを取得
    CCSize winSize = CCDirector::sharedDirector()->getWinSize();

    //画像を選択
    CCSprite* pImg = CCSprite::create("1.png");

    //画像を表示する場所(座標)を設定
    //winSize.width*.5 / winSize.height*.5-> 画面の幅と高さの50%の位置(つまり中央)
    pImg->setPosition(ccp(winSize.width*.5, winSize.height*.5));

    //表示
    this->addChild(pImg);
    

画像を表示-ファイル名を動的に生成

for文を使って、1.png、2.png、3.pngを表示します。

cocos2d-x画像を連番で動的に表示
    //画面サイズを取得
    CCSize winSize = CCDirector::sharedDirector()->getWinSize();
    
    for(int i=1; i<=3; i++)
    {
        //ファイル名を生成して、画像を呼び出す
        CCString* fileName = CCString::createWithFormat("%d.png", i);
        CCSprite* pImg = CCSprite::create(fileName->getCString());
        
        //画像を表示する場所(座標)を設定
        pImg->setPosition(ccp(winSize.width*i*.25, winSize.height*.5));
        
        this->addChild(pImg);
    }
    

pageTop