Lab

Cocos2d-x:スプライトのサイズを指定

 Tag :  Published : 2013-10-13

Pocket

setContentSizeを使用します。
スプライトの幅と高さを指定します。

スプライトのサイズを指定

一度作成したスプライトのサイズを、幅100、高さ100に設定します。
スプライトは空っぽなので、見た目は変わりません。
そこで確認用に、getContentSizeでサイズを取得して、ログ表示させてみます。

    //スプライトを作成
    CCSize size = CCDirector::sharedDirector()->getWinSize();
    CCSprite* pImg = CCSprite::create();
    pImg->setPosition( ccp(size.width/2, size.height/2) );
    this->addChild(pImg);
    
    //サイズを設定
    pImg->setContentSize(ccp(100, 100));
    
    //確認のため、サイズを取得してログ表示
    CCSize imgSize = pImg->getContentSize();
    CCLog("pImgの幅は%f pImgの高さは%f", imgSize.width, imgSize.height);
    

pageTop