Lab

Cocos2d-x v3:文字列(std::string)の処理

 Tag :  Published : 2014-8-9

Pocket

std::stringを扱います。
文字数を数えたり、文字列の内容を変更したりします。

文字列の作成

Cocos2dxネタではないですが、よく使うようになったのでとりあえずここに書いておきます。
“Hello World”という文字列を作成します。

    std::string str = "Hello World";
    

文字数の取得(length)

“Hello World”の文字列の長さを取得します。

    std::string str = "Hello World";
    log("%lu文字です", str.length()); //11文字です
    

文字列の挿入(insert)

“Hello World”を”Hello Woooorld”にします。
文字列の7文字目に”ooo”と入れます。

    std::string str = "Hello World";

    str.insert(7, "ooo");
    log("%s", str.c_str()); //Hello Woooorld
    

最後に文字列を追加(append)

“Hello World”の末尾に”!”を追加して、”Hello World!”にします。

    std::string str = "Hello World";

    str.append("!");
    log("%s", str.c_str()); //Hello World!
    

最後の文字を削除(–end)

“Hello World!”の末尾をカットして、”Hello World”にします。

    std::string str = "Hello World!";

    str.erase(--str.end());
    log("%s", str.c_str()); //Hello World