Lab

Cocos2d-x v3:スプライトに色をつける

 Tag :  Published : 2014-7-31

Pocket

setTextureRect、setColorを使用します。
色のついたスプライトを作成します。
> Ver2.x : 『スプライトに色をつける』はこちら

色の付いたスプライトを作成する

空のスプライトに色を付けます。透明度も設定してみます。

    Size s = Director::getInstance()->getVisibleSize();
    
    //スプライトの大きさを設定
    Rect rect = Rect(0, 0, 200, 200);
    
    //白いスプライト
    auto spr1 = Sprite::create();
    spr1->setTextureRect(rect);
    spr1->setColor(Color3B::WHITE);
    spr1->setPosition(Vec2(s.width*.45, s.height*.45));
    this->addChild(spr1);
    
    //青い半透明のスプライト
    auto spr2 = CCSprite::create();
    spr2->setTextureRect(rect);
    spr2->setColor(Color3B::BLUE);
    spr2->setOpacity(128);
    spr2->setPosition(Vec2(s.width*.55, s.height*.55));
    this->addChild(spr2);
    
cocos2d-x v3 スプライトに色をつける

pageTop