Lab

Cocos2d-x v3:色が変わるアニメーション

 Tag :  Published : 2014-7-31

Pocket

TintTo、TintByを使用します。
色が変わるアニメーションを作ります。

色が変わるアニメーション – 絶対値で指定(TintTo)

スプライトの色が白から青へ変わるアニメーションを作ってみます。

    //白いスプライトを作成
    Size s = Director::getInstance()->getVisibleSize();
    auto spr = Sprite::create();
    spr->setPosition(Vec2(s.width*.5, s.height*.5));
    spr->setTextureRect(Rect(0, 0, 200, 200));
    spr->setColor(Color3B::WHITE);
    addChild(spr);

    //1秒かけて青に変わるアニメーション(秒数:1、R値:51、G値:75、B値:112)
    spr->runAction(TintTo::create(1, 51, 75, 112));
    

色が変わるアニメーション – 相対値で指定(TintBy)

スプライトの色が、元のグレーから青みが増して行くようなアニメーションを作ってみます。

    //グレーのスプライトを作成
    Size s = Director::getInstance()->getVisibleSize();
    auto spr = Sprite::create();
    spr->setPosition(Vec2(s.width*.5, s.height*.5));
    spr->setTextureRect(Rect(0, 0, 200, 200));
    spr->setColor(Color3B(130, 130, 130));
    addChild(spr);

    //1秒かけて、元のグレーに青みが足されるアニメーション(秒数:1、R値:0、G値:0、B値:50)
    spr->runAction(TintBy::create(1, 0, 0, 50));
    

pageTop